事故車・故障車

事故車・故障車は廃車買取で処分するのがおすすめ

事故を起こして壊れてしまった車や故障して動かなくなってしまった車、古くなって資産価値がなくなってしまった車は、中古車として売却することができないので所定の手続きをして廃車処分にするのが一般的です。
しかし、廃車にするためには解体工場で解体してもらった後に、最寄りの陸運局(陸運支局)に足を運んで必要書類の提出するなどの煩雑な手続きを行う必要があり、平日仕事などで忙しいという方にとっては大きな負担となります。
こうしたときには、動かなくなってしまった自動車を買い取ってくれる廃車買取業者に買取を依頼するのがおすすめです。

廃車買取業者は、エンジンの故障などで動かなくなってしまった車や中古車ディーラーが買い取りを拒否するような古い車でも買い取って処分してくれますが、こうした業者では解体の過程で再利用可能な自動車部品やパーツ取り外して独自のルート売却したり、鉄くずをリサイクル業者に売却したりすることで利益を得ています。
このため、中古車買取店のように高値での買い取りはあまり期待できませんが、解体業者のように運搬・解体にかかる費用を請求されることなく、無料で引き取ってもらうことができます。
業者に必要な書類を渡せば陸運局(陸運支局)での煩雑な手続きを手数料なしで代行してもらうことも可能なので、平日仕事などで忙しくて陸運局に足を運べないという方にもおすすめです。
一方、現在では廃車買取業者は全国に数多く存在しますが、依頼人に不利益を与えるような不正な業務を行う悪徳業者も少なくないので、トラブルを回避するためには依頼する前によく業者をチェックしてみることが大切です。
まず、優良業者であるかを判断するときのポイントとなるのは、その業者が「産業廃棄物収集運搬業」の許可を得ているかということです。
動かなくなった自動車を回収して解体処分するには、事業を展開する都道府県に申請書を提出し、都道府県知事の許可を得る必要があります。
この許可を得るには安全に廃棄物を取り扱うための知識を習得し、施設・設備などに関する一定の基準を満たす必要があるので、廃車の処分を丁寧に行っている安心して任せられる業者といえます。
また、悪徳業者は廃車手続きについてよく説明せずに契約を結ぼうとするので、契約前に丁寧に説明してくれる業者に依頼するとよいでしょう。

このように、廃車買取業者に依頼すれば故障した車の運搬・解体にかかる費用を大幅に節約でき、面倒な廃車手続きもスムーズに行えますが、悪徳業者による被害も少なくないので、業者をよく吟味して優良な業者に依頼する必要があります。
最近では、インターネットを通じて複数の廃車買取業者に無料で見積もりを依頼できる一括査定サイトもあるので、まずはこうしたサービスを活用して候補を絞り込み、実際に業者に連絡を取ってみて対応のよかった業者に依頼することをおすすめします。

Copyright© 2015 軽自動車の廃車買取の特徴とは All Rights Reserved.